1021138.jpg

農地の許可

​​農地法の許可を取得します

農地の譲渡、売買、宅地などへの転用には農地法の許可が必要です。
宮城県内出張相談無料です。お気軽にご相談ください。

 

農地の許可について

​​どうして許可が必要?

農業は日本の食糧生産の中心を担うものです。生産量や安全性、品質確保の必要があるため、農地は簡単に譲渡したり、農地以外に転用できないようになっています。
それぞれ所有者変更(賃貸する場合も含む)は3条許可、転用は4条許可、所有者を変更し転用もする場合は5条許可と呼ばれます。

3条許可

​​農地の譲渡、賃貸などにより耕作者が変わる時の申請です。

農地の新所有者となる人について主に4つの許可要件があります

①全部効率利用:新所有者とその世帯員の家族が、農具や機械の所有状況、人数、技術から見て農地の全てを効率的に利用できるかどうか。

世帯員の家族とは住居と生計を同じくする家族。そして、新所有者となる人の行う農業に従事する2親等以内の親族です(2親等以内とは両親、祖父母、子、孫、兄弟姉妹です)。

②農業常時従事:年間150日以上の農作業が可能か(世帯員の家族を含めても大丈夫です)

③下限面積:新所有者または世帯員が農業を営む農地面積の合計が50a以上になる必要があります。

④地域との講和:周辺地域の農地利用に支障を生ずるおそれのないこと。

3条許可が必要となるもの:売買、贈与、賃貸、質入れ、永小作権、地上権、競売、特定遺贈(相続人であれば不要)、協議離婚による財産分与

3条許可が不要となるもの:相続、遺産分割、包括遺贈(相続人以外の第三者でも不要です)、時効取得、裁判・調停での離婚による財産分与、権利能力なき社団の代表者の交代、土地収用法による権利の収用、農業経営基盤強化促進法による利用権の設定

​​4条許可、5条許可

農地を農地以外へ転用する時の申請です。主に農地の区分と開発行為に該当するかが重要になります。

市街化区域:農業委員会への届け出、転用は原則許可

市街化区域外:知事の許可

さらに市街化区域外は以下のように区分されます。

農用地:転用は原則不許可

甲種農地・第一種農地・第二種農地:転用は原則不許可

※ただし、営農型の太陽光発電システムや農業用建物、農家の方の住宅にするときなどは許可が出る場合もあります。

第三種農地:転用は原則許可

​開発行為に該当する場合は、例外規定に該当しない限り許可申請書に開発許可書を添付します。

 

料金表(税込)

3条許可      33,000円
4条、5条許可    55,000円
開発行為許可申請  220,000円
仙台、名取、岩沼、多賀城、利府、塩竈、松島、東松島、石巻、富谷、大崎などなど
宮城県内出張相談無料!お気軽にご相談ください

 

お問い合わせ

〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町1丁目17−9

Tel:080-1848-7376

送信が完了しました。